ドラマはドラマでももう一つのドラマ

Pocket
LINEで送る

Hi everyone! こんにちは、Makikoです。

みなさん、ドラマ好きですか。

私が最近日本のドラマでエピソードを欠かさず見ていたドラマと言えば、NHKの連続度ドラマ小説の「マッサン」でしたが、今日はその「ドラマ」じゃない「Drama」についてです。

Drama ドラマ Drama

「ドラマ」と聞くとすぐにテレビドラマを想像しますよね。「ドラマ」は英語でも「ドラマ( Drama )」なのですが、テレビや映画のジャンル分けする際に使われることが多いです。

ですが、今日の「ドラマ」は「喧嘩」「もめ事」「劇的な」なんて意味でのドラマです。

Girls’ Drama(ガールズドラマ)

小学校高学年から中学校にかけては、日本の女の子たちも女子同士のいざこざ、もめ事、ネチネチした感じがあるじゃないですか。

それを英語では「ガールズドラマ」と言いますが、友人関係も意外と簡単に壊れ、また仲良くなって、また壊れてしまうというのが、アメリカのティーン女子。

私たちが移住してきてから、うちの姪っ子15歳も何回か友達(2,3人)を家に連れて遊んだり、一緒にキャンプに行ったり、バーベキューしたりと楽しい時間を過ごしていました。

「ジェス(仮名)ってちょーキレイよね?!(”Jess is so pretty!”)」「彼女ってとってもいい人なのよ」なんて言ってたから、てっきり仲よくしてるのかと思い、

「ねぇ、最近ジェス 見かけないけど元気?( How’s Jess doing? I haven’t seen her for a while.)」なんて聞くと、

「知らない、もう友達じゃないから!( I don’t know. We’re not friends anymore! )とバッサリ!

不機嫌になるからあまり聞きませんでしたが、同い年の息子によると、姪っ子と彼女の友達のようなガールズドラマが学校では度々起こるようで、先日もボーイフレンドの取り合いで、女子同士が取っ組み合いの喧嘩をしていたのだとか…(「アメリカの女子は怖い」なのだそうで。)

もうイザコザの域を超えてますよね。

特にティーンガールズのドラマは複雑で、カフェテリアで一緒に座らなかったとか、授業中意地悪だったとか、小さなことからもドラマが生み出されるようで。

女子のドラマはユニバーサルなのかもしれません。

そんな時、私が言うのが下の↓のGIF、「10日間で男を上手にフル方法 (How To Lose A Guy In 10 Days)」映画から。

Boy, drama, drama, drama.

Drama queen (ドラマクィーン)

みなさんの周りに、どんな小さなことでも大げさにしたり、過剰に反応したり、対したことでもないのに感情的になる人がいませんか。

そういう人のことをスラングで「ドラマクィーン」と言い、女性や女子に向けて使われることが多いです。あきれた時やうんざりした時などの「(悲劇の)ヒロイン」「演技派女優」的な表現に使われます。

小学1年生の娘も周囲に「『ドラマ』クリエーター」がたくさんいるので、その影響からか最近は小さなことでも感情的になって話すことが多くなりました。知り合いからも「”She is becoming  Americanized.”(アメリカ化→いわゆる欧米化)してるわねー。女子だから早いのよ」って言われました。

娘にはまだまだこれから数多くのドラマが待っているはずなのに…ゆっくり向き合っていきたいと思います。

あなたはドラマクィーン?

この記事を書くためにリサーチしていたら、面白い記事があったので紹介します。


あなたがドラマクィーンか知る7つのサイン


  1. Stir it up(かきたてる、騒ぎ立てる)
  2. Big Deal(一大事にする)
  3. Sharing Misery (不幸を共有)
  4. Just Sharing(全て共有したがる)
  5. Unsatisfied(いつも不満足)
  6. Choose your weapons(なんでも批判する)
  7. Look at me(注目の的)

だそうです。

 

I like drama when I’m not in it.     How about you? 私は自分が巻き込まれないドラマが一番好きですが。

今日はドラマはドラマでもテレビドラマではない方のドラマ(女子のいざこざ)について書いてみました。

いかがでしたか。

 

それでは、最後に「ドラマ」「ドラマクィーン」という単語を使った表現をいくつか。


“She is such a drama queen.” 「彼女ってドラマクィーンよね。」

“Stop being such a drama queen.” 「悲劇のヒロイン(感情的)でいるのをやめて!」

”Oh my gosh.  Your girlfriend is always creating a drama.”「君の彼女っていつも騒ぎ立ててるね」


Thank you for reading and see you soon!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

About Makiko

Hi everyone! My name is Makiko. Thank you for vising my page! こんにちは、Makikoです。 ブログに足を運んでいただきありがとうございます。 アメリカでの生活、教育、文化情報などシェアしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です